貯蓄を崩してしまうのは何故か?特別出費を考えていない家計管理に問題アリでした

こんにちは。ナオです。

去年の今は、洗濯機と冷蔵庫が壊れ、

どうお金を捻出するのか、

結局、上の子2人の学資保険を解約して

支払った悲しい事実。

夫
必需品やから仕方ないやん。
また貯めればいいやん。

どの口がそんなこと言えるのでしょうか!?

(詳しくは浪費家の夫について書いた過去記事をご覧ください。)

貯まらない家計だからこそ

学資保険は死守したかった。

でもどうしようもなかったんです。

しかし貯蓄ができていたとしても

この特別出費を貯蓄から出すのって

何だか気が重くないですか?

一気に〇十万というお金が消えていきます。

しかも、特別出費って考えてみると

結構あるんです。

・大型家電の買い替え(冷蔵庫・洗濯機・クーラー・テレビなど)
・家の老朽化の修復(給湯器や水道管の修理、買い替え・外壁など)
・慶弔費
・車関連の支出(車検・タイヤ交換・車の買い替え・自動車税など)
・進級費(制服やランドセルなどの購入・入園入学金など)
・旅行

貯蓄があっという間になくなるわけです。

うちの場合、この特別出費にあてたいボーナスというものがありません。

ボーナスがあるお家は、

給料から一定額貯蓄し

ボーナスを特別出費に使われている方が多いのではないでしょうか。

なので、うちの場合

貯蓄+特別出費のための積立として

貯めていくのが良さそうです。

貯蓄できるお金が2万円ができると仮定した場合

①貯蓄のみ

②貯蓄1万円・特別出費積立1万円

⇒1年後

①貯蓄24万円

②貯蓄12万円・特別出費12万円

<クーラーの買い替えが必要となった場合>

①は24万円から貯蓄を崩す

→上限が分からずハイスペックの機種を買ってしまうかも

②貯金12万円は崩さないルールとして、特別出費の上限は12万円

もちろん、そんなこと考えなくても貯蓄できるよ

という人は多いと思います。

でもうちはそれが今までできなかった

だからこそ、この特別出費の予算を組むことが大事だと感じました。

貯蓄は、私の隠し口座に

特別出費の積立は、引落しがない口座ではじめたいと思います。