2019年10月からのキャッシュレス・消費者還元事業 浪費家の夫にクレカを持たせるべき?

こんにちは。ナオです。

いよいよ、消費税が10%になりますね。

1割って1000円のものを購入したら100円

コンビニでお茶1本買えると思うとやっぱり痛手…

そんな増税の負担の緩和とキャッシュレスを進めるため

経済産業省が出したキャッシュレス還元事業

購入金額の5%が還元されるとのこと

(コンビニなどのフランチャイズは2%だそうです)

増税分よりも安くなってお得ですよね。

クレジットカードの通常ポイントも貯まるので

増税前にと駆け込んで購入しなくても良さそうです。

ただ、この事業、クレジットカードを持っているのが大前提

私は楽天カードを持っているので

10月からの買い物は基本クレジットカード払いで行こうと思います。

しかし問題は夫。

せっかく受けられる還元を無駄にはしてほしくないけれど

クレジットカードなんて持たせたら

お金を使っている感覚が余計に薄れて

散財することまちがいなし!

5%よりはるかに損するのが見えています。

とはいえ、国をあげてキャッシュレスを推進

いつまでもカードなしということができるのでしょうか?

楽天の家族カードも考えましたが

支払いを把握することはできてもそれは事後

もう買ってしまったあとなのです。

デビットカードなども含め今後検討していかなければいけませんね。

良い案が見つかりましたら、

ブログでご紹介したいと思います。

ちなみにキャッシュレス事業は、

ネットショップの対象店舗も対応しています。

楽天ヘビーユーザーのわたしにとっては

嬉しい限り♪

クレジットカードをまだ持っていない、

きちんと管理できるよという方には

ポイントの使いやすさなども含め

やはり楽天カードがおすすめです。

楽天カード検討中の方はこちらから↓